2015年08月05日

第40回 リコピンフォーラム「リコピンとがん予防」

第40回 「リコピンとがん予防」

1. リコピンが前立腺がんを予防
トマトに含まれるカロテノイド成分、「リコピンの摂取量が多いほど遠隔転移や死亡につながる致死的前立腺がんの発症リスクが低い」−ハーバード大学の研究論文が米国NCI;国立がん研究所研究雑誌に公表されました(2014年)米国の40〜75歳49,898人を対象とするコホート研究(疫学調査)で、リコピンの日常摂取量と前立腺がんの発症リスクに関してリコピンの一日摂取量で5グループに分け、20年にわたって調査研究しています。その結果、リコピンの一日摂取量が最少グループ(3,160マイクログラム)と最大グループ(13,391マイクログラム)では約4倍の発症リスク差が認められたという研究です。全グループのリスク差は0.91、致死的前立腺がんグループ(658人)では0.72という大きなリスク差が確認されました。さらに、前立腺がん患者(5,728人)の病理組織検査ではリコピン摂取量の少ないグループでがん組織周辺の血管新生が顕著であり、進行しやすいがんであることもわかりました。本研究はリコピンによるがん血管新生の予防可能性に関する初のヒト(臨床的)による調査研究です。
この調査研究によって、リコピンだけが前立腺がんの発症を予防するとはいえないものの、がんの発症リスク低下とリコピン摂取量には一定の相関があることがわかり、注目が集まっています。本調査研究は20年で6回にわたり、病理組織検査がされているなど、かなり詳細にわたる信頼性の高いコホート研究になっています。
一方、食品(成分)による予防効果というのはクスリと異なり、短時間で自覚できる効果はほとんどありません。本調査研究でも20年に6回調査を行っているように、予防医学の効果確認は1ヶ月ではなく、1年また10年という時間軸で考えるべきことを示しているともいえるわけです。

*なお、第1回、第6回、第32回フォーラムでもリコピンとがん予防の解説をしています。また、米国NCI(国立がんセンター)と情報連携している「がん情報サイトPDQ」(cancerinfo.tri-kobe.org)も同様に関連情報を取り上げています。

horenso.jpg とまと .jpg 110_F_14150155_yIxJ3jz8RCaom7Y66SB4jexGxAUElVnZ.jpg 3199011.jpg

2.抗炎症・抗酸化とがん予防
慢性炎症は発がんリスクを高めることが知られていますが、がんは炎症疾患であるという研究報告があります。炎症疾患には活性酸素が関与していることも明らかとなり、活性酸素(フリーラジカル)はDNA損傷はじめ、がんの発症に関与します。私たちが日々予防医学としてできること、食生活で野菜摂取量を増やし、カロテノイドやポリフェノール成分の摂取によって抗炎症・抗酸化力を高めることです。天然植物医薬品である漢方薬は原料生薬の多くにポリフェノール成分(フラノボイド)を含んでいるため、漢方薬は抗炎症作用をもたらすものが多くなっています。「抗炎症・抗酸化」は健康維持、予防医学(病気の発症予防)を考えるうえで極めて重要なキーワードです。それは、慢性炎症状態、慢性酸化状態は多くの病気の発症リスクを高めるからなのです。私たちは植物(野菜・生薬)が自然と闘いながら成長するチカラである抗酸化成分を予防医学で活かすことができます。病気の発症に活性酸素が関与していることを忘れないようにしたいものです。

3.活性酸素消去と日本食
酸素は生物が生きるうえで必須です。食べた栄養は酸素によって酸化されてATP(エネルギー源)が合成され、それが生命活動エネルギーになります。ただ、酸素は体内に常に1〜2%余分にあり、活性酸素を発生させます。活性酸素はフリーラジカルといい、強力な酸化力でたんぱく質やDNA、脂質などを傷つけ、その連続的酸化ががん、動脈硬化、心臓病などを発症させるといわれます。一方、体内にはこうした活性酸素を消去(中和)するシステムがあって、抗酸化物質を産生しています。ただ、活性酸素を消去するのに生体システムだけでは不十分であることが指摘されており、日々植物(野菜)の抗酸化成分を補給することが大変重要な課題になっているわけです。また、日本食は抗酸化食と言っても過言ではないほど、お米はじめ穀類、魚介類、豆類、野菜類、海藻類を中心に肉類、卵類、乳製品はほどほどにと、まさに文化遺産として多種多様の抗酸化物質を補給することができます。お茶のカテキン(フラノボイド)、コーヒーのクロロゲン酸(ポリフェノール)、ゴマのセサミノール(リグナン)、トマトのリコピン(カロテノイド)など、抗酸化機能に関する研究報告が多い、代表的抗酸化成分です。

*フラノボイド・・・ポリフェノール系化合物で、野菜・果実・豆類などに含まれる。フラバン核をもち、OH基、糖を結合した配糖体で存在するものが多い。

                                (第40回 完)


posted by 高原裕一 at 19:12| ダイエット&ウエルネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。